So-net無料ブログ作成

松島奈々子 反町隆史 ペット訴訟 ドーベルマンが隣人を・・・ [トピックス]

スポンサードリンク

2011年5月、反町隆史&松嶋菜々子夫妻が飼っていたドーベルマンが隣人に噛みつく事件が起きました。
この事件がきっかけで隣人はマンションを出て行ってしまい、夫妻はマンション管理会社から
出ていった隣人の賃料補てん分として5220万円の損害賠償を求められました。
結局この問題は裁判にもつれこんだが、ついに判決が出たそうです。5月14日、東京地裁は夫妻に対して385万円の支払いを命じました。
判決内容に納得のいかない夫妻は控訴も考えているということです。

いろいろナゾな部分が多いこの事件ですが、そもそも普通の人が(まぁ芸能人ですが)
ドーベルマンを飼うことができるのか?というのが疑問ですよね。
たまにペットとしてワニを飼っているなんていう事例をテレビで見たりしますけど、
ワニと同じくらい凶暴で危険なイメージがあるドーベルマンを特別な知識や技術なしで
飼うことは法律等でも許されているのか?と気になったので調べました。

どうやら、普通の人でも特別な資格や許可なく飼えてしまうようです。
一般的に飼われている犬と同じ扱いですね。ただ、躾が難しく上級者向けということでした。
警察犬にもなるような能力の高い犬ですから、正しく躾がされていなかったらただの凶器ですよね(汗)
マンションでドーベルマンが飼えるのか?というところはマンションのオーナーと交渉して
了承をもらっていたようで、周囲の人からしたらたまったものではありませんが、一応OK
だったみたいです。

ちなみに噛まれた隣人というのはユニクロのロゴデザイン等で有名な佐藤可士和氏の奥さん。
反町隆史・松嶋菜々子夫妻、佐藤可士和夫妻が住んでいたマンションは月の賃料が175万円という
超高級マンションだったそうです。
まさか超高級マンションでこんな事件が起きるとは・・・。

スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。